セフィロト 総帥 物吉貞宗

「上等な料理は味わって食べるものです。一口で食べてしまっては、つまらないでしょう?」
所属 英国バイオテロ対策組織 セフィロト
位置 総帥
年齢 21歳
武器 無し?
趣味 読書 チェス 乗馬
特記事項 Cウイルス適合者
好きな食べ物 オープンタイプのオムライス
苦手な食べ物 ピーナッツ(アレルギー)
好きな映画 パージ・シリーズ

※年齢は容姿年齢or加齢が停止した時の年齢です

セフィロトの総帥であり、構成員からは「帝」や「王」と呼ばれている少年。若年ながら英国の対バイオテロ組織の長を任されており、家は王族公爵家でロイヤルファミリーの一員。従兄弟に伯爵家である亀甲貞宗、男爵家である太鼓鐘貞宗がいる。身分問わず誰に対しても丁寧に接し、また自力で何でもそつなくもこなしてしまう天才。社交界にもよく顔を出し、積極的に国の問題に注力する姿勢に惹かれる国民は多く、第三王位継承者だが国民の指示を最も得ていた。しかし、それを疎ましく思った第一・第二の王位継承者が差し向けた刺客の夜襲に遭い、家族や使用人を皆殺しにされ、物吉自身も瀕死の重傷を負い、一時は行方不明となっていたが、髭切と膝丸を連れ添って公爵家当主として返り咲き、2人の悪事を暴いて失脚させた末に死に追いやった。物吉本人としては、はっきり言って王位にはそこまで興味がないのだが、未だに他の王位継承者が命を狙っており、毎日が修羅場。2013年にアメリカで起きたトールオークスのバイオハザードの場におり、Cウイルスに感染。JSAGから届けられたワクチンを投与したことで一命を取り留め、その返礼として鯰尾と薬研を招集し、彼等に英国名誉国民賞と士爵の称号を贈与した。

戻る    次へ